モビットのキャッシングは、テレビコマーシャルなどでの宣伝がされていますので、多くの方にとって馴染みのあるカードローンではないでしょうか。

初めてカードローンに申込む方で「モビット」を選ぶ方が多いのは、知名度の高さだけではありません。

ここでは、モビットのカードローンに申込む方のために、審査に落ちないためのポイントについてご紹介します。
■モビット審査における収入要件

モビットのカードローンを利用するには、収入に関する要件を満たさなければなりません。

モビットの商品説明での「申込条件」には書いてありませんが、年収の3分の1を超える融資は受けられません。

これは、貸金業法における規制によるもので、「年収の3分の1を超える融資をしてはいけない」というルールがあるからです。

そのため、他社の融資残高が年収の3分の1近くある方は、モビットではなく、銀行カードローンの利用を検討するほうがいいでしょう。
■事故情報に気をつける!

モビットで審査落ちしてしまう理由の1つに、過去の「事故情報」が残されている場合があります。

過去の事故情報は、日本信用情報機構やシー・アイ・シーといった「信用情報機関」に登録されています。

債務整理といった重大な事故情報は5年程度残されますが、延滞などは半年から1年程度、登録されるといわれています。

そのため、申込審査に不安があるなら、自分の信用情報を確認した上で申込むといいでしょう。
■在籍確認を避けるには?

モビットに申込む方は、「WEB 完結申込」で申し込めるかどうかを確認してください。

「WEB 完結申込」は、
(1)全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証があること
(2)三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座があること
の2つの条件を満たしている場合に利用できる申込み方法です。

「在籍確認」が省略できますので、上の条件を満たしている方は、「WEB 完結申込」から申込むようにしてください。